Alessandra Meyer-Wöldenは彼女の3人の子供に予防接種を受けました

Anonim

モデルとトリプル・ママAlessandra Meyer-Wölden(32歳)は、髄膜炎菌Bに対して娘(5人)と2人の双子の息子(3人)を接種しました。 Oliver Pocher(37)の妻は、世界髄膜炎の日に「このひどい病気に対して予防があるならば、もちろん私はそれらを私の子供を守るために取る」と言いました。 髄膜炎は24時間以内に死に至ることがある感染症です。

世界髄膜炎デー

この病気の危険性を知らせるために、髄膜炎の日は4月24日に世界中で行われます。これは、脳と脊髄の炎症および血液中毒を引き起こす可能性のあるこの疾患に対するワクチンの唯一の予防策です。

髄膜炎菌Bは乳児および小児の症例の85%を引き起こす

今のところ、ドイツの多くの子どもたちは、髄膜炎菌Cに対してのみワクチン接種を受けています。そのため、2006年以来、スタンディングワクチン接種委員会(STIKO)から標準的な予防接種勧告がありました。 例えば、Saxonワクチン接種委員会(SIKO)とドイツのPaediatrics and Adolescent Medicine(DAKJ)のワクチン接種委員会はすでにMenBワクチンを推奨していますが、今のところ標準的な勧告は欠落しています。 しかし、ほとんどすべてのEU加盟国では、保健当局による予防接種が積極的に推奨されています。英国では、早急に全国予防接種を実施します。 ドイツでも、一部の健康保険会社が自発的に費用を払い戻しています.2014年には、約10万回の接種が行われました。

ドイツで毎年約45人の死亡

ドイツでは、毎年平均430件の髄膜炎菌症例があり、患者の約10%が幼児期に死亡しています。 すべての5番目の生存者は、難聴、発作または四肢の喪失などの後遺症を患う。 Meyer-Wöldenによれば、「これらのワクチン接種は必須であるべきであり、麻疹や髄膜炎のような病気は今でも存在している。